RISU算数の総額の料金

RISU算数 料金

 

我が家の子供は、RISU算数の通信教育で、学力を伸ばしました。
RISU算数の力もあり、小学校受験に合格して、私立の小学校に通わせてます。

 

RISU算数は、先取りができることで評価の高いタブレット教材です。
例え算数が苦手なお子さんでも、多くの子供が得意になるという算数に特化した教材で、
学年の区切りがない無学年制の教材なんです。

 

学年の区切りが無いことは、先取りできる等の素晴らしい面もありますが、

 

 

 

 

  • どれくらいのペースでやるのが良いの?
  • ペースによって月額や総額って違うの?
  • 仮に小学校6年間継続っした場合の総額は?

 

といった、進めるペースや総額の心配がある人もいますよね。
RISU算数の場合は、料金は年払いのみであり、
1年間の途中で退会しても返金はないです。
RISU算数は、年払いがデメリットなんです。

 

RISU算数の全てのステージをクリアした時に、
「まだ1年がスタートしたばっかり」のタイミングだと、その後復習しかできなくて、
少しもったいないですよね。

 

途中解約で損しないために、プランのある学習ペースで進めていって、
程よいタイミングで解約できるのが一番と言えます。

 

このページでは、今からRISU算数をする人やRISU算数
を受講中の人が損をしないために、RISU算数の
受講ペース別の総額と、オススメの受講ペースをご案内します。

 

先に簡単な結論を言うと、次の通り。

 

  • RISU算数の総額は、受講ペースにも左右されるが、6年間で26.2万〜35.9万が基準
  • 受講ペース次第でスマイルゼミ(30.3万)やチャレンジタッチ(30.2万)よりも安く済む

 

それから、先取り年数や1年単位できっかりよく終われる
タイミングを踏まえたオススメの受講ペースは次の通りです。

 

平均クリアステージ数 受講期間 6年分の総額
1.6 4年11ヶ月(1年分先取り) 26.2万円
2.1 3年9ヶ月(2年分先取り) 28.9万円
2.75 2年10ヶ月(3年分先取り) 32.3万円

 

 

 

 

RISU算数の受講ペース別の総額

 

RISU算数の料金体系は、少しややこしく、次の式で計算されます。

 

RISU算数の月額料金 =基本料金(2,480円) + 利用料金(0円〜8,980円)

 

※税抜き表示

 

利用料金は、それまで平均クリアステージ数により決められます。
平均クリアステージ数と月額の相関関係は次のようになります。

 

平均クリアステージ数 利用料金 月額
1,0未満 0円 2,480円
1.0以上〜1.3未満 980円 3,460円
1.3以上〜1.5未満 1,480円 3,960円
1.5以上〜1.7未満 1,980円 4,460円
1.7以上〜2.0未満 2,980円 5,460円
2.0以上〜2.2未満 3,980円 6,460円
2.2以上〜2.5未満 5,480円 7,960円
2.5以上〜3.0未満 6,480円 8,960円
3.0以上 8,980円 11,460円

 

 

受講ペース別の総額と期間について

 

それでは、受講ペース別にRISU算数にかかる総額を計算してみることにします。
RISU算数には、小学生の低学年コースと高学年コースがあって、
合わせ、て94ステージ(10,000問以上)あります。

 

小1〜小6までの内容を全て勉強したという前提のケースで考えます。
ちなみに、平均クリアステージ数に関しては、上の料金表のそれぞれの幅の中心を採用しています。
(例=1.0以上〜1.3未満なら、1.2を採用)

 

それぞれの平均クリアステージ数別の受講期間と
6年分の総額の計算結果は、下記の表の通りです。

 

平均クリアステージ数 受講期間 6年間の総額
1.0未満 7年10ヶ月 23.3万円
1.2 6年6ヶ月 27.1万円
1.4 5年7ヶ月 26.6万円
1.6 4年11ヶ月 26.2万円
1.85 4年3ヶ月 27.7万円
2.1 3年9ヶ月 28.9万円
2.35 3年4ヶ月 31.8万円
2.75 2年10ヶ月 32.3万円
3.0 2年7ヶ月 35.9万円
3.5 2年3ヶ月 30.8万円

 

例を挙げると、平均クリアステージ数が1.2のケースは、

 

受講期間 = 94ステージ ÷ 1.2 ≒ 78ヶ月 = 6年6ヶ月
月額は上の料金表から3,460円
総額は78ヶ月×3,460円=27.1万円

というふうに計算してます。

 

 

 

 

他の平均クリアステージ数でも、同じように計算しています。
クリアステージ数のちょっとの差でも案外もバラつきが出ましたね。
この結果を考えてみようと思います。

 

まず、平均クリアステージ数「1.0未満」と「1.2」は、
受講期間が6年を越すため、問題外です。
せめて平均クリアステージ数1.4くらいのペースは不可欠ということです。

 

言うまでも無く、学習ペースが早まる程、受講期間が短縮されて、
先取り効果も得られやすくなっています。
理解できないまま、進むのは駄目ですが、復習しながら
理解できたタイミングでガシガシ次に進んで先取りしてしまいましょう!

 

結局、結局どれくらいのペースが最適なのか、というと
オススメはこの辺りになります!

 

平均クリアステージ数 受講期間 6年分の総額
1.6 4年11ヶ月 26.2万円
2.1 3年9ヶ月 28.9万円
2.75 2年10ヶ月 32.3万円

 

オススメの理由は、どのペースもキリの良い期間で,
6年分の学習を済ませることができるからです。

 

受講ペースをプラン通りに、調節することで、

 

  • 決まった学習時間を確保できる
  • 時間管理能力を会得する
  • 残った時間で他の学習もできる

 

といった、メリットが数多くあります。

 

 

他社のタブレット教材との総額の比較

 

6年分の学習をするまでの費用について、
他社のチャレンジタッチとスマイルゼミとの比較をしました。

 

RISU算数 スマイルゼミ チャレンジタッチ
26.2〜32.3万円(ペースによって変わる) 30.3万円 30.2万円

 

RISU算数は、利用料が変動するため、月額で考えると
高い印象もありますが、そうでもないです。
スマイルゼミやチャレンジタッチを6年間学習するパターンと、
RISU算数で先取して、6年分の勉強をするのでは料金は、大差ないです。

 

一番コスパが良いのは、平均クリアステージ数1.6で進めて、
約5年間受講の総額26万円です。

 

  • このパターンだったら、無理のないペースで1年先取りが可能
  • スマイルゼミやチャレンジタッチと比べ総額4万円安い
  • 余った1年を他の学習に回せる

 

というメリットがあり、オススメできる学習法です。

 

 

RISU算数のお試しキャンペーン

 

このサイトからRISU算数のお申込みをして、クーポンコード
「raf07a」を記入した場合、1,980円で1週間のお試しがが出来ます。

 

そのまま、正式契約になった場合、この1,980円は無料になるので、
お得にRISU算数にチャレンジすることができます。
数量限定のキャンペーンなので、
「ちょっとRISU算数を触ってみたくなった」という場合は、どうぞお試ししてみて下さい!

 

 

 

 

 

 

RISU算数の●